spicemote のすべての投稿

retro architecture

 


沖縄のなかのアメリカ

SPICE MOTELは、沖縄では「中部」と呼ばれる地域にあります。
普天間飛行場や嘉手納基地など米軍基地を有するエリアなので、
南部の那覇や、北部のリゾート地では見かけることが少ない、
アメリカ人(軍で働く人、その家族)が多く暮らしています。

アメリカだけではありません。
戦後に来日してテイラーを開業したインド人家族、
またメイドとして働いたフィリピン出身の人たち、
そしてブラジルやペルーから帰国した沖縄の移住者など、
日米以外のカルチャーも、中部では街に色濃く息づいています。

戦後の米国統治時代を経て1972年に日本へ復帰した沖縄ですが、
ここ中部には、現在進行形でアメリカなど多様な文化が存在し、
それに日本と琉球の文化がボーダレスに融合しているのです。

これまで観光地として注目されてこなかった中部ですが、
美ら海や国際通など、定番の観光では知り得ない沖縄のリアル、
それがこの地域の魅力なのだと、私たちは思っています。

なので、SPICE MOTEL滞在中に訪れてほしいお店や場所、
やってほしいことなどをリストアップしてMAPにしたり、
中部をフィーチャーしたフリーペーパーを作ってきました。

※画像クリックでフリペの中身が読めます

 

沖縄のレトロでアメリカンな建築

SPICE MOTELのすぐ近くには、
アメリカ統治時代に建てられた希少な建築が、
いまも現役で存在しています。

■プラザハウス ショッピングセンター(1954)

アメリカ本国の文化を反映した、
日本初のショッピングモールと言われています。
時代とともに変化して今も魅力的なテナントがいっぱい!
※画像はWikipediaより。PLAZA HOUSE のHPはこちら


■A&W 屋宜原店(1963)

マクドナルド日本上陸の8年も前にopenしたバーガー店
普及前のマイカー文化を想定したドライブイン型レストラン
早朝から深夜まで営業する現役で、地域住民の馴染みの店
※画像は同社webより。同店のHPはこちら


■外人住宅(1950年代後半〜)

基地内では足りずに基地の外にも建てられた米軍関係者の住宅
日本では珍しいコンクリートブロック造のフラットハウスで、
1970年には基地の外だけで12,000戸以上あったとされます。
近年、カフェなどショップとして再生されるものがある一方、
メンテナンス不足による老朽化で、解体される外人住宅が多い。
※写真上 EMホテル前のハイクラス向け外人住宅街

 


※数年前に解体されてしまった西普天間地区住宅群

 

すでに大切な文化遺産です

SPICEも1970年建築なので、もうビンテージの仲間入りですね。
戦災や塩害で、古い建物がほとんど遺ってない沖縄では、
半世紀以上前に建てられたこれらの建築物は文化遺産であり、
20世紀沖縄の生き証人として、末長く残ってほしいものです。
いや、残すべきです!

本土や海外から沖縄を旅行する人々には、
中部での異国の文化を味わう旅、そしてレトロ建築を訪れて、
時代をタイムスリップしたかのような体験をしてほしいです。

さぁ、沖縄の「レトロでアメリカンな建築」を見に行こう!


※画像は建築当時を再生再現したモーテルの客室
詳細はこちら


※本の紹介 沖縄島建築

SPICEでロケ|MV|PV

開業以来、国内外のアーティストのミュージックビデオや、
各種プロダクトのプロモーションビデオやカタログ撮影など、
SPICE MOTELをロケ地として数多く使っていただいてます。

ココではその一部をご紹介します!


 

SHINee テミン |写真集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年撮影|SHINee Taemin 写真集

 


 

THE  NORTH  FACE  JAPAN

 

この投稿をInstagramで見る

 

THE NORTH FACE JAPAN(@thenorthfacejp)がシェアした投稿

撮影2017年 Instagram|@thenorthfacejp  | The North Face

 


Hilight feat.5lack illion

 

illionのアルバム「P.Y.L」より
5lack・野田洋次郎・松田翔太

撮影2016年

 


pen public / IVY

撮影2020年|CCS records. 週末CITY PLAY BOYS

モーテルに住み着くヒッピー
屋上で一服、たまりません

SPICEの愛されキャラ、
”ヤモリ(家守)ちゃん” も映ってるんです!

 


東方神起 / 「Hot Hot Hot」

撮影2019年

有名アーティスト ”東方神起”

私もその年代でございます!
SPICEも代表的なガレージ駐車場!

 


台湾歌手 Erika
劉艾立 – 哪邊涼快哪邊待 「Take It Easy」

撮影2018年

台湾歌手 “Erika”
高音の美声がスパイスモーテルオキナワに響き渡りました♪

*********************************************
今後も撮影あれば追加していきますねー
SPICEをロケで使ってみたい人はこちらまでメールください


 

The Black Room|客室紹介


今回はSPICE MOTELにある一室限定レトロな客室を紹介します。
見てのとおり真っ黒なインテリアでコーディネート!
1970年建築当時の状態をできるだけ遺して客室を再生しました。

 

初めて部屋を見た際、この円形照明にノックアウトされました。
レトロなのに同時にどこか未来的なレトロフューチャー感!
間接照明の雰囲気を写真で表現しきれないのが悔しいです。

半世紀以上も前に作られた照明や家具で設えたホテルの客室は、
フェイクではないリアルな70年代を感じていただけるはずです。
この部屋に惚れたアーティストが客室で個展を開催したことも♪


レトロ好き、昔のSF映画ファン🎥   70sファッションフリーク👗
そんな方は、時代をタイムスリップしにぜひ来館ください。
きっと素敵な写真が撮れると思いますよ

県内の人は、ショートトリップや記念撮影にどうですか?
泊まりでなく日帰りのデイユース利用もOKです!

ご予約お待ちしております♪
>>ネットから
>>お電話

************************

’70 VINTAGE ROOM ご紹介
The Red Room の記事はコチラから

’70 vintage room ご紹介

SPICE MOTELに真っ赤なゲストルームがあるのをご存知ですか?
1〜2人用客室はリノベーションしたWルームが基本なのですが、
この部屋は改修前の状態を残し、’70年代を再現しました。


折上げ天井のシャンデリアや壁の飾り付けモールは当時のまま、
そこに合うビンテージ家具やフロアスタンドを備え付けました。
正直、古いままの部分もあるので、私たちとしてはベーシックの
Wルームがお薦めなのですが、このThe Redもゲストに人気です。


プロの撮影ロケ地として使っていただくこともあるのですが、
レトロなファッションを装ったカップルに利用いただくなど、
時代をタイムスリップしたかのような感覚を楽しもうと、
わざわざこの部屋を指定で予約いただいているようです。


沖縄のシブ〜いモダニズム建築がどんどん壊されていくなか、
フェイクではない半世紀も前の空間が現役で使われている事は、
私たちが考える以上に、人々を惹きつけるのかもしれませんね。


県内の人、ショートトリップや記念撮影にどうですか?
泊まりでなく日帰りのデイユース利用もOKですよ!

ご予約お待ちしております♪
>>ネットから
>>お電話

********************************
KANAE & KAZUE (CYBERJAPAN DANCERS)姉妹さん写真集
の撮影ロケ地としてThe Redを利用いただきました♪ Thank U ♡

 

ご宿泊券の販売開始|HOTEL VOUCHER

ご宿泊券の販売を開始しました!

カフェのサインをイラストのモチーフに取り入れました

大切なひとへの誕生日プレゼントに。
歓送迎会の贈り物に。
結婚式や忘年会などの景品に。

いつか観たロードムービーの世界へご招待!
いつもと違う一日をプレゼント、なんていうのはいかがでしょう。

___

購入方法:【web】もしくは【店頭】にて
販売価格:5,000円/枚
枚数:1枚〜
有効期限:ご購入から1年間
___

商品券じゃもの足りない。プレゼントや景品にもちょっとSPICEを。
建築やアート、70年代のアメリカンがお好きな方へのプレゼントに特におすすめです!


【ご利用について】
・宿泊費の5,000円分としてお使いいただけます
・ご利用は電話・メール・自社HPでのご予約に限ります
・ご予約時に本券ご利用の旨をお知らせください
・本券はチェックイン時に回収いたします
・お釣りは出ませんので、ご注意ください
・換金や他割引との併用はできません
※本券の紛失、滅失について、当方ではその責めを負いません
※空室状況やご不明な点はホテルまでお問い合わせください


いつか観たロードムービーの世界へ
SPICE MOTEL OKINAWA
http://spicemotel.com/
098-923-1066
room@spicemotel.com

ルーフトップ清掃お手伝い募集!

*終了しました!ご参加くださった方々ありがとうございました!

SPICE STAFF イチオシ!
ルーフトップバスはご存知ですか?

ご宿泊のゲストが1日1組限定でご利用いただけるのですが、今年も沢山のゲストが利用してくれています★

▲猫足バスタブがあるルーフトップ

 

そんなルーフトップは普段スタッフでお掃除していますが、
それが、案外楽しくって♪イベントにしたらもっと楽しそう!

そして、新しい交流を作りたい!という発想からイベントにしちゃいました!(そして、実は人手も足りません・・)

そこで、参加してくれる方を募集します!

▲ルーフトップの下階、2階のテラス


参加くださる最高な方に、
宿泊券をプレゼントします!
*1組につき1室1泊分
*ご宿泊日は要相談
*ご宿泊後、アンケート記入とSNS投稿にだけご協力ください

【参加条件】
お1人様〜でも参加大歓迎!
*3組限定です

【日時】
11月12日(土)13:00~15:00
*天候によっては19日(土)に変更になります

【場所】
SPICE MOTEL OKINAWA
北中城村喜舎場1066

【応募方法】
お電話(098-923-1066)OR 応募フォームより。
*お電話の対応可能時間は15:00〜22:00です。

【服装や持ち物】
・濡れてもいい動きやすい服装
・履き物はサンダルがおすすめ
・あとは手ぶらでOK
・(必要なら)飲み物 *購入も可

ご質問などはお電話にて直接お問合せください★

みんなでお掃除してピカピカになったルーフトップを利用して
ゆんたく〜しながらスパイスにお泊まり♪いかがでしょうか?

みなさんの応募お待ちしております★

SPICE MOTEL OKINAWA

11/19sat. 18:00〜 MUSIC BAR SPICE 開催!

こんにちは!
天気予報が読めない最近。
お天気になることを祈りながら、ゲストを招いて開催します♪

今回のゲストDJは・・@q.g.smooth

×


18時のサンセット〜暗くなり始めた頃からゆるりとスタート予定🎵
この時期の夜風は最高ですよー

テラスに寝転がるための Myラグ持参も大歓迎🤗
同日開催のループトップ清掃のついでにテラスもピッカピカにしてお待ちしてます♪

Door  Free
Drink 500yen-

【RECRUIT】
 アルバイトスタッフ募集!

こんにちは!スパイスモーテルです。
今回、スパイスモーテルでは新たにアルバイトスタッフを募集します◎

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【募集職種】
・フロント(清掃業務もあり)
・ハウスキーピング

【勤務場所】
スパイスモーテルオキナワ
沖縄県中頭郡北中城村喜舎場1066

【勤務時間】
フロント
[14:45−22:15] 約7.5時間、週3日〜相談
ハウスキーピング [10:00-15:00]約5時間、週2日〜相談

シフト制  (土日含む)

【勤務開始】
・即時
・いまの仕事をすぐ辞められない…  応募書類にその旨を記載ください
・応募を決断する前に職場を見たい…  お電話の上、どうぞ見学ください

フロント
【待遇】
時給1,020円~
*ハウスキーピング勤務時は時給970円

*通勤手当400円/回
*有給休暇あり(勤務開始半年より発生)

【職務内容】
・チェックインアウトなどの「レセプション業務」
・電話対応やフォーマットに日付、名前などを入力する「予約受付業務」
・隣接するカフェバーの簡単な「飲食サービス業務」
・SPICE MOTEL および運営する宿泊施設の「客室および館内の清掃業務」
・当施設内で開催するイベント等の運営やサポート業務
・運営会社の事務作業などの補助

【必要スキルなど】
・英語で簡単な会話ができる(中国語、韓国語ができる方、もちろん大歓迎)
・PC操作ができる(Excel,word等)
・平日、週末も柔軟に勤務可能な方
・フロント業務はもちろん清掃業務も頑張ります!という意欲のある方

※その他、様々な現場対応業務がありますが、滞在するゲストへの思いやりや、国内外から来るゲストに沖縄を楽しんでもらいたいという気持ちがあれば大丈夫です。

ハウスキーピング
【待遇】
時給970円~

*通勤手当400円/回
*有給休暇あり(勤務開始半年より発生)

【職務内容】
・SPICE MOTEL および運営する宿泊施設の「客室および館内の清掃業務」
・当施設内で開催するイベント等の運営やサポート業務

【求める人物例】
・アルバイトと言えど「もっとオシャレな空間で働きたい!」という方
・土日や年末年始に出勤があっても「やりがいある仕事がしたい」方
・今は内地にいるが、「沖縄に戻って働きたい!」という県出身者
・「デザイン」に興味があり「旅」に関する仕事をしたかった方
・いつか英語を使って働きたい!という方
・体力に自信がある方

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【応募方法】
以下①②より選んで、ご応募ください。
①専用応募フォームより送信(Googleアカウントをお持ちの方)
★応募フォーム★
②下記メールアドレスへ送信
morioka@a-crafts.co.jp  まで以下記載のうえEmail送付
・件名を「SPICEMOTEL スタッフ応募」としてメールを送信してください
・写真ファイルを忘れずに添付してください

【記載事項/添付写真】
・お名前:
・ふりがな:
・メールアドレス:
・連絡のつきやすい電話番号:
・住所(郵便番号のみでOK):
・生年月日:
・最終学歴:
・職歴(あれば):
・志望動機:
・希望勤続期間(約半年,1年など/未定でもOK)
・写真2枚:
1枚は証明写真的なもの、もう1枚は人柄がよく分かるもの
リクルートスーツは不要
※スマートフォンで撮影した写真でもOK

【選考方法】
・書類選考後、 面接の有無を連絡いたします
・すべての面接が終了後、採用の可否を連絡いたします
・応募後5日が経過して何も連絡がない場合は電話連絡ください
(098-923-1066)

【その他】
webサイトはこちら  SPICE MOTEL OKINAWA
運営会社はこちら  Arts&Crafts

素敵な出逢いになることを楽しみにしています!

s_6850

 

10things to do during your stay in SPICE MOTEL

スパイスがある沖縄本島の中部は
アメリカと沖縄の文化がボーダレスに混ざり合う場所。

img_0875

たとえば週末の朝をダイナーで過ごすアメリカ人ファミリー。
タコスをテイクアウトする、おじいやおばあ。
食堂のメニューが英語ってこともよくあります。

リゾートにないこの沖縄を体感してもらいたくてこんなマップを作りました。

10things to do during your stay in SPICE MOTEL
スパイスモーテル滞在中にするべき10のコト
img_0873

地元の人に混じってビーチをランニングしてみたり、スーパーで沖縄の食材を知ったり。もちろん、予定をいれずテラスでの〜んびりもいいですね。

スパイスはモーテルらしくドライブの旅行中に気軽に泊まってもらう宿。ホテル内で夕食は提供していません。そこで裏面はスタッフおすすめの地元グルメをぎっしり25件リストアップ!

ぜひMAP片手に美味しいものを食べて、ローカルカルチャーに触れてみてください。ガイドブックとはひと味違う沖縄が楽しめますよ!

*マップは宿泊チェックインの時にお渡ししています

モーテル論 (前編)

前編 ~MOTELの歴史と建物との出会い~

text= Arts&Crafts 中谷ノボル

モーテルと聞いて何をイメージしますか? 私たちの会社ではSPICE MOTEL OKINAWAというリノベーションホテルを2015年から運営しています。今回あらためて「モーテル」について書きました。前編では、元の建物との出会いから開業まで、そして施設名称が何故ホテルではなくモーテルになったのかなどを。また後編では、SPICE MOTELが位置する沖縄本島中部という独特のエリアについてと、この先のモーテルの在り方についてを記しました。本土から沖縄を旅する人だけでなく、沖縄県内の人にも一読いただけたらうれしいです。

***********************************************************************

モーテルの誕生とモータリゼーション   


motelという単語は、アメリカでモータリゼーションが国民に広く定着した20世紀半ば、すなはちミッドセンチュリーの時代に、マイカーやレンタカーで訪れて宿泊するという、新しい旅のスタイルを表す当時の新語で、自動車=motorと、hotelを合体させ =motelとなりました。

‘70年代にはモーテルを舞台にしたロードムービーやTVドラマが多く撮られるようになり、それらの映像を通じて日本にもモーテルという言葉が輸入されたのだと思います。本来、観光からビジネスまで様々な用途に使われるのがモーテルなのですが、どういう訳か日本ではモーテル=ラブホテルという認識が定着してしまいました。

不遇な広まり方をしてしまった日本におけるモーテルですが、もしそのイメージを覆すようなイケてるモーテルが誕生するとすれば? それはきっと沖縄なんだろうな。アメリカ文化とクルマ社会が浸透している沖縄、特に米軍基地が集中する沖縄本島の中部にはその可能性がある。かつてそう考えたことがありましたが、普段はそんなこと忘れていました。

 

************************************************************************

朽ち果てそうなホテルと出逢ってしまった   

2013年9月、不動産投資案件を探しているリストのひとつとして、その沖縄の中部(北中城村)で古びた売りホテルを見に行くことになります。建物はかなり傷んでおり可哀そうな状態でした。ただ、施設名称がホテルなのにキーホルダーにはMOTELと書いてあったこと、そして屋上に「自動車ホテル」という大きなネオンサインが残っていたことで、ピンと来ました。

モーテルが日本でリベンジするならこの物件じゃないの?

ホテルが建てられたのは半世紀前の1970年。沖縄がまだアメリカに統治されていた時代です。当時のオーナーは、モーテルの概念を沖縄の人に知ってもらうため「自動車ホテル」と訳し、それを屋上看板としてそのまま採用したのでしょうか。いろいろ想像しました。

「わたくしをリノベーションで再生してくれませんか」

この老朽ホテルにそう囁かれてるような気がしました。建物はボロボロだし、観光立地でもない。まだ沖縄でホテルを運営する予定もなかったし、合理的な判断ならアウトな案件でしたが、直感的にこの船には乗るべきだと縁を感じてしまいました。よし、モーテルとしての再起に付き合ってみよう。そう心に決めました。

 

************************************************************************

理想のモーテル像はアメリカから消えていた     

善は急げ! 本場アメリカのモーテルをいっぱい観たいと思い、サンフランシスコへ降り立ちました。レンタカーでモーテル泊の渡り鳥な旅。当初、何かと話題になっていた街ポートランドを最終地として北へ向かうつもりでしたが、モーテルという単語で画像検索すれば敷地にはパームツリーとプールが必ずある。そうだわ。沖縄のモーテル計画なんだし、ヒントとなるのは暖かい南カリフォルニアだ! ということで針路を180°変更しました。

自分の頭の中にある理想のモーテルを探すべく、ひたすら車を走らせます。しかし、イメージ通りのモノに出逢わない。そういえば米国のTVドラマ「ベイツモーテル」の物語中、新しくハイウェイができて客が奪われたという会話がありました。整備された道路沿いに大手チェーンのモーテルが建設され、趣ある個人店のモーテルがどんどん消滅してしまっているのだと気づきました。

そこで、旧い国道を走ったり、かつての人気観光地(Pismo Beach)を訪れるなどして、より自分のイメージに近いモーテルを求めて移動しました。中でもミッドセンチュリー時代の建築が数多く保存活用されている Palm Springsは、本当にカッコいい街でした。元のデザイン性が高ければ、人々は自然と家具や建物を遺そうとするんだなと実感しました。

こうして、10日間ほどの旅で得た沖縄のモーテル再生の方向性は、無理して流行りのデザインを追い求める必要はないということ。1970年に建てられたホテルが今もイケてるというようなリノベーションをしてやればいい。古いモノも新しいモノも良いものは良い。それが再確認できた渡米でした。

 

************************************************************************

地元クリエイターと沖縄ならではのモーテルを      

米国から帰国してモーテルの再生に着手します。意外にもデザインの始まりはベッドカバーでした。建物が建てられた1970年当時にイタリアで発刊された古いインテリア雑誌にあった一枚の写真がソースとなりました。最初にベッドカバーのイメージが固まり、そこから家具、壁面の内装や建築金物、水廻り設備機器と、細部から全体を行ったりきたりして設計を進めました。

そしていざ建築工事。この計画のために期間限定で転勤してきた20代の監督と、作りながら臨機応変に工事を進める方法を採用しました。屋上看板を再利用した「自動車」ネオンサインも当初案になかったものです。特筆すべきなのは客室の照明スイッチ。オーディオ機器用のパーツを使うなどして、地元の電気屋さんが完全オリジナルで作成してくれました。

その他にも、客室番号の個性的なフォントとウォールペイント、螺旋階段や手摺りなどアイアン製品の制作、特注カーテンや家具のインテリア、SPICE MOTELのロゴデザイン、webサイトの写真撮影やそこに登場するモデルまで、すべて沖縄の人によるプロの仕事です。そしてデザインの核となったベッドカバーは、普天間の生地屋さんで見つけたデッドストックから作りました。

 

***********************************************************************

サータアンダギーは沖縄のドーナツだ  

開業に向けて、建築途中からホテルで働くスタッフを募集する必要があります。まだ出来上がってもいない、そして制服もないホテルのイメージが伝わるのか心配でしたが、不思議なものでフロントスタッフだけでなく客室のハウスキーパーまで、いかにもSPICEらしいルーツが多様な楽しい人材が集まってきました。

こうして、初めて建物を見た日から2年と3ヶ月、2015年の暮れにSPICE MOTEL OKINAWAがオープンします。奇しくも自分の誕生日の日付で旅館業の許可がおりました。想定した顧客層は東アジアからのカップルや女性グループでしたが、そのとおり台湾や韓国からの旅行客、そして沖縄在住のアメリカ人関係者や日本国内からのゲストが、初年度からたくさん来てくれました。

あえて客室にテレビを置かず、県内の米国人向け英語FMが流れるラジオにしました。アメリカで見たモーテルに倣い、朝はコーヒーとドーナツを無料でサービスしたいと考え、ハワイで修行したと言う近所の焙煎屋さんから豆を仕入れ、サータアンダギーを沖縄産ドーナツだと言って提供しています。

宿泊だけでなく、雑誌やブランドカタログの撮影、そしてミュージックビデオのロケ地としても数多く利用してもらいました。また、コンクリートの建物は国内でも早期に普及した沖縄ですが、リノベーションの事例が少なかったこともあり、沖縄における先進的なリノベーションホテルとして、アートアンドクラフトの本業である建築業界からも大きく注目されました。

後編へ続く